自己処理による埋没毛・毛嚢炎とは!?肌トラブルを回避しよう


何気なくやっている自己処理。

そこにはとんでもない落とし穴が。

埋没毛毛嚢炎といった、皮膚炎をなくすためには
わたしたちはどう対処すればよいのでしょうか?

ここでは、それぞれの特徴と治療法や事前対策までをまとめています!

埋没毛とは


埋没毛は「埋もれ毛」とも呼ばれています

その名の通り、毛が皮膚の中で埋もれた状態で成長することです。

皮膚表面からも透けてみえ、
黒くぶつぶつした状態になるということも。

原因

毛抜きやカミソリなど、自己処理による原因が9割といわれています。

自己処理による皮膚の乾燥や、
かさぶたで毛穴の入り口が塞がることで、埋没毛になるケースが多いそう。

治療

自然治癒が基本の埋没毛ですが、スクラブやピンセットを使って、
皮膚に負担がない程度であれば、中の毛を出すことも可能です。

しかしむやみに触りすぎると、殺菌が入り込み、肌トラブルに繋がることも。

一度は様子をみて、自然に外に出てくるのを待ちましょう。

毛嚢炎とは


皮膚が赤くぶつぶつした症状で、パッと見はニキビと似た症状に見えます。

しかし最近の種類が異なるので、
触ってみると芯がないプニプニしたような感じです。

また痛みやかゆみも、ニキビとは異なり、ほとんど感じることはありません。

毛嚢炎とニキビの違い

毛嚢炎 ニキビ
菌の種類 ・黄色ブドウ球菌
・表皮ブドウ球菌
・アクネ菌
症状 ・毛穴の中に芯がない
・周りが赤く腫れている
・毛穴の中に芯がある
・周りが赤く腫れていない
できやすい箇所 ・乾燥した箇所 ・皮脂が比較的多い箇所

原因

毛穴に細菌が入りこみ、炎症がおこります

毛嚢炎は外部からの刺激によって、症状がでることがほとんどで、
埋没毛がひどくなると、毛嚢炎になる場合も。

ほかにもムダ毛処理の、間違った自己処理方法により皮膚が傷ついたり
医療レーザーや光脱毛でも熱が強すぎたりすることで、
殺菌が繁殖してしまうこともあるようです。

女性はとくに、女性ホルモンや体調によっては、
体の免疫力が下がることも原因の一つに挙げられます。

治療

こちらも基本的には自然治癒できる、皮膚炎です。

しかしデリケートゾーンに出来やすい性質を持っているため、
性病と区別が付けづらいこともあります。

おかしいなと感じたら、すぐに婦人科へ受診しましょう!

埋没毛・毛嚢炎の対処方法

1.正しい自己処理をする

どちらも自己処理により、肌が傷つくことで起こりやすい皮膚炎です。

日頃から行う自己処理だからこそ、正しい知識を身につけましょう

2.清潔を保つ

皮膚を清潔に保つことで、埋没毛の炎症を防ぎ毛嚢炎も予防することができます。

とくにワキやVIOなど、毛量が多くムレやすい場所は、通気性のよい下着を選び、
汗をかけばこまめにシャワーを浴びることで、肌を清潔に保つことができます。

3.保湿をする

肌が乾燥していると、肌トラブルは起こりやすい状態に。

お風呂あがりはとくに、化粧水や保湿クリーム、
ボディクリームを使い肌保湿をすぐにやるように心がけて。

また水分量が多い肌は、たとえ肌トラブルになっても治癒しやすいです。

見た目にも、潤ったキメの細かい肌はキレイですね。

まとめ

日々の自己処理を、出来るだけ気を付けるだけで、
皮膚炎になるリスクはグッと抑えることができます。

面倒くさがりの性格だから、細かく気を付けられないという人は、
脱毛でムダ毛を一掃してもよさそう。

皮膚トラブルのない、キレイな肌を目指しましょう!